Growing up!

起業して海外移住。国際結婚・ワーママのかぞくハックブログ。

フリーランスの東南アジア移住が増えている?ミャンマーはどうかな

日本にいるとインターネットが快速で、ついつい使いすぎてしまいます。
さて最近、フリーランスの方や起業家の方が東南アジアに移住されている方が多いそうです。
マレーシア・タイ・カンボジアなど物価が安く、インフラも比較的整っている国が人気みたいですね。 志を持つ若者が海外へ飛び出して行くのは良いことですね〜

ミャンマーはどうなんですかね?
ミャンマー在住の日本人は、2010年には600人程度だったのが現在は倍以上になっています。中でも日系企業進出に伴い、駐在員の方が多いです。
フリーランスの方が移住しているケースは他の東南アジアの国々に比べると圧倒的に少ないです。
ミャンマーって国も人も良くて大好きなんですけど、仕事するとなると困ること意外といっぱいあるんですよー。

f:id:hana0905:20160930093435j:plain

一見物価は安い

現地の人のような生活を送るのであれば、基本的な物価は安いです。
衛生面を気にしなければ、屋台で1食100円~で済みます。
しかし、屋台の食事でお腹を壊す日本人も多く、ローカルなミャンマー料理は基本的に油っぽいので口に合わない人もいます。
となると、清潔なレストラン、カフェ、日本料理店に行くとなると屋台の5倍くらいの値段になってきます。1食500円〜となり、日本とさほど変わらないくらいです。

ヤンゴンには大型ショッピングセンターが次々と建てられていますが、主な利用客はミャンマー富裕層かお金のある外国人。
日本のものを手に入れようとすると、日本で買う倍以上の値段になります。
例えばダイソーは、全品1800ks(180円)なので、割高。日本の100均が恋しい。

交通費は外国人料金

ミャンマーヤンゴン市内の移動手段は主にタクシー
他の国よりはひどくないですが、ぼったくりもあります。
そもそもの値段もそんなに安くはなく、30分くらい乗ると1000円程度です。しかも、慢性的な渋滞で移動にすごく時間がかかります。
現地の人は格安バスや乗り合いバスを使っていますが、外国人にとってはどのバスがどこに行くのか分からず使いこなすのは困難だと思います。

遠距離で使う国内線の飛行機も、外国人は現地人の3倍以上の値段します。
1時間くらい国内線乗ると2万円〜、LCCで日本国内飛び回る方が断然安いと思います。

特にヤンゴンの生活費が高い

ミャンマーに旅行に来るなら、その物価が安いと感じるかもしれません。
しかし、いざ住むとなるとコストパフォーマンスは良いとは言えないと思います。
まず、住居。有名な話しですがヤンゴンの家賃はアホみたいに高いです。
外国人が住むなら、最低$50~です。ただこの値段だと電気・水などの設備に不安があります。
ある政府機関の駐在員の人は月$250のマンションに住んでいます。
高すぎる!ミャンマー人の平均年収以上の家賃!

さらに、いくらお金を出してもインターネット環境が絶望的。
自宅にネットを引くのにも1ヶ月数千円〜(プロバイダによって大差あり)。
日本と変わらないお値段で、質は悪い。。

f:id:hana0905:20160930101807j:plain
こんなんじゃ、フリーランスでバリバリインターネットを使う人たちにとっては死活問題ですよね。
そういうわけで、日本よりも安く快適な生活をできる他の東南アジアとはまだまだ一線あるようです。
不便なことが多いのは事実ですが、それだけじゃなくって次はミャンマーの良いところも紹介させてくださいね!

 ミャンマーの田舎の良いところについても書きましたよ!