Growing up!

国際結婚したワーママの、マイペースかぞくハックブログ。

ミャンマー人の日本ビザ取得する方法。代行会社を使わず、自力で来日ビザ申請してみよう。

申請していたミャンマー人夫の日本への入国ビザがようやく取得できました!今回は出産に立ち会ってもらうための来日。出産間に合ってよかったです。

現地の夫が日本大使館へ申請に行くのが遅れてしまい、来日予定の一週間前に申請に行くというドタバタでしたが、、いつも「何でも前もってやってほしい」と伝えているのに、ミャンマー人は本当にマイペースです。

さてせっかくなので、ミャンマー人の来日ビザについてお伝えしたいと思います。ミャンマー人の友人や恋人を日本に呼びたい時に、役立つかも?

ミャンマー人の日本ビザ申請の必要書類は多い、面倒 

f:id:hana0905:20180115121151j:plain
ミャンマー人が日本に来るためのビザの申請書類がとにかく多い!ミャンマー人と結婚していても、準備する書類が多く大変でした。

申請書類の詳細は全て大使館HPに載っているのですが、区役所行ったり、法務局に行ったり、銀行行ったり、通訳したり、正直面倒でした。下記で詳しくお伝えしていきます。

日本入国ビザの必要書類(来日するミャンマー人側)

<知人訪問,親戚訪問の場合>

□ 旅券(パスポート)
□ 査証申請書
□ 写真(45×45mm,6ヶ月以内に撮影)
□ 航空券(往復)の予約が確認できる書類
□ 親族訪問の場合は世帯員一覧表
□ 親族または知人・友人関係を証明する書類
◇知り合った時期や経緯のわかる説明書
◇写真やメール,SNSなど連絡のやりとりがわかるもの
□ 査証申請人が渡航費用を負担する場合
◇銀行通帳(原本とコピー)
◇次のうちのいずれか
①就職されている方は所属会社が作成した在職証明書(役職名,入社年月日,月給,休暇期間が記載されたもの)
②学生の方は在学証明書及び扶養者の在職証明書
③主婦などの被扶養者の方は扶養者の在職証明書

日本入国ビザの必要書類(招待する日本人側)

□ 日本側招へい者からの招へい理由書
招へい理由を裏付ける資料(診断書,卒業見込書等)も提出してください
□ 滞在予定表身元保証書及び法人登記簿謄本又は会社団体概要説明
□ (2名以上の場合)
□ 住民票(記載省略のないもの)
□ 招へい人が外国人の場合
◇在留カードのコピー
◇旅券のコピー 招へい人以外に日本在留の親族がいる場合はその方の分の提出して下さい
□ 招へい人が日本人または配偶者が日本人の場合
◇戸籍謄本
◇外国人の親族が日本に滞在している場合は在留カード及び旅券のコピー
□ 身元保証人が渡航費用を負担する場合
◇身元保証書
◇納税証明書(その2),銀行通帳写し,確定申告書控え,所得証明

ビザ申請から発給されるまでの期間は?

日本への渡航日が近づいていたので、在ミャンマー日本大使館に「急ぎです!」と必死に伝えながら申請しました。するとまさかの4日後のには発給完了の連絡が来ました!

書類不備なくてよかったです。ここで書類不備が発覚すれば、また提出し直しでまた日数がかかるから内心そわそわでした!

ビザ取得の代行業者に頼むとびっくりするくらい高額なので、自分で頑張れば全然できないことないですね。
今回私が取得したビザの種類は「三等親以内の親族訪問目的のビザ」でしたが、他の種類のビザも書類に不備なければ営業4日間で発給されるそうです。

余談。ミャンマー人はネットで航空券購入不可!

今回、ビザの発給が思ったより早くできたので、安い時期に前もって購入していた航空券も無駄にならずに済んでよかったです。

余談ですが、ミャンマーから成田空港まではANAの直行便がありますが、出発日まで一週間をすぎると20%くらい値段が上がります。今回ビザ発給を待っていたら、2万円ほど値段が上がるのでイチかバチかで安い内に予約しちゃっていました。

そしてさらに余談ですが、family name とfirst nameのないミャンマー人はANAのサイトで航空券を買うことができません。
以前、旦那さんの名前をテキトーにfamily name とfirst nameに入れて予約したら、ミャンマー人の名前はネット予約対応していないと言われてしまいました。
電話予約するか、ミャンマーの航空券ショップで予約するのが良いと思います。

ミャンマー人の日本入国ビザの取得方法まとめ

ビザの申請はとにかく早めにしておきましょう。ミャンマーのビザ手続きは頻繁に必要書類が変わったりするので、手続きがスムーズにいかないことも考えられます。

万が一、1回で申請が通らないことも考えて早めに必要書類を集めて申請しておきましょう。

 

 

 


アジアオプショナルツアー最低価格で検索

 

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村