Growing up!

国際結婚したワーママの、かぞくの身の回りやあれこれ

ミャンマーヤンゴンのタクシー事情

海外でタクシーに乗るのは、安全かどうかなど不安なことも多いですよね。
相場を知らないとぼったくられることも。
ミャンマーのタクシーにはほぼメーターがなく、料金は交渉制なのでちょっと面倒です。ミャンマーヤンゴンのタクシー事情について、ご紹介します!

f:id:hana0905:20161025234730p:plain

ミャンマータクシー利用方法

0. できることなら、自分の行きたい場所への相場値段を知っておく
(ホテルや、ガイドブックなどで大体の値段を把握しておく)

1. 路上の車が止まれそうなところを探す

2. 人の乗っていないタクシーに向けて、手をあげるorふる

3. タクシーが止まったら、どこに行きたいか伝える
(英語が通じるドライバーも多いです。)
ミャンマー語で「~へ行きたい」は「~ゴ トワーチンデー」と言います。

4. ドライバーが言う値段が高いと思ったら、値下げ交渉する

5. 値下げ交渉ができれば乗り込もう。
できない場合はそのままドライバーの言い値で妥協するor他のタクシーを拾い直す

ヤンゴンは渋滞が多いので、急ぎの場合は早めに移動した方が良さそうです。
*ヤンゴン国際空港からなら、空港の出口すぐ左手にタクシーカウンターがあります。そこなら交渉せずに自分の行き先までの適正な値段でタクシーを手配してくれます。 

 

f:id:hana0905:20161025235111j:plain

ミャンマーのタクシーで遭遇してもびっくりしないでねリスト

1. 運転手が客に構わず爆音で音楽を流している、それに合わせて歌っている

2. 突然ドアを開けて、血のようなものを吐き出す(正体は噛みタバコです)

3. 隣の車の運転手に突然大声で話しかける(相手はたいてい友達のタクシー運転手)

4. 急停止・急発進・急加速は当たり前

5. クラクションを鳴らすのは挨拶なので気にせず

6. 死ぬほど暑くてもクーラーついてないor凍えるくらいクーラーがきいてる

7. 車内に仏教グッズがたくさんぶら下がっている(信仰深い良い人ということなので、ご安心を)

8. あるいはイスラム教グッズがたくさんぶら下がっている(同じく、信仰深い良い人ということなので、ご安心を)

9. 衝突するんじゃないかというくらいの猛スピードで四方八方から車が突っ込んでくる

タクシーに乗るだけで異文化体験できちゃいます。 

親切なタクシー運転手さんもいます

 「赤ちゃんいるからクーラーつけるね~」と気遣ってくれる人や、「今、家に帰る途中だから」と頼んでないのに半額に値下げしてくれちゃう商売気のないドライバーさんにも出会いました。
ミャンマーは比較的治安の良い国なので、タクシー利用も安全だと思います。心配であれば、夜間の利用は避けてホテルに手配してもらうなどすれば、もっと安心ですよ! 

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/03/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

ヤンゴンに携帯を置き忘れたら返ってくるか

基本的にミャンマー人は優しくて穏やかな性格な人が多いです。 財布を置き忘れても、携帯を置き忘れても、返ってくることが多い世界中では数少ない国だと思っています。
比較的治安の良い国なはず…。 日本人で悪気があって他人が置き忘れたものを盗ろうと思う人がほぼいないですよね。
ミャンマーでは、残念ながら悪気があって他人の物を盗ろうとする人はいます。ヤンゴンのタクシーで携帯電話を置き忘れた時の体験談をご紹介します。

タクシーに携帯を置き忘れたら

私はミャンマーが大好きなので、遊びにきてくれた日本人にはいかにミャンマー人が素晴らしいかをよく話します。
先日、日本からヤンゴンに知り合いが来た時も 「ミャンマー人はよく寄付をするし、助け合って生きているし素晴らしいよ~」 とタクシーの中で話していました。 そしてタクシーを下りた直後、 「携帯忘れた!」
知り合いがタクシーに携帯を置き忘れ。 タクシーは出発したばかりだったので、走って追いかけましたが止まってくれませんでした。 ナンバーも覚えてなくて、追跡もできず…

f:id:hana0905:20170208002513j:plain
その時のタクシー運転手は、無口で愛想の悪いかんじの人。 置き忘れた知り合いの携帯に電話してみると、繋がらない。 かかっているのに、電話に出ない。 なんか嫌な予感。 置き忘れたのは、買ったばかりのiPhone7という高級品。 ミャンマーでも、10万円以上で売れるはずです。 携帯にかけつづけるとようやく繋がり… 「返してほしければ、金払え。」 
もちろん、返しに来てくれるならそのタクシー代は払いますよね。 ヤンゴン市内だからどんなに高くても2000円くらいかな。 と思っていたら、請求されたのは2万円。 ミャンマー人の平均月給のおよそ2倍に相当します。 2万円を払わないと携帯を返さないというので、払うしかありませんでした。
ふつうの優しいミャンマー人だったら、タクシー代だけでちゃんと返してくれる人も多いはずです。私のまわりのミャンマー人は良い人ばかりだから、「今回も大丈夫だろう」と過信していましたが、 その運転手は高額なお金を請求し受取ると、何も言わずに去って行ったそうです。
ヤンゴンでは、詐欺や盗難などの事件も年々増加傾向にあります。 私は治安が比較的いいと言われるミャンマーに安心していて、正直気を抜いてました。
飲食店などでも、平気で机の上に携帯を放っておいたりしていたので、今後はちゃんと気をつけようと思います。
ミャンマーにご旅行にいらっしゃる方も、気を抜きすぎず楽しい時間を過ごしましょうね!

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村