Growing up!

起業して海外移住。国際結婚・ワーママのかぞくハックブログ。

【在ミャンマー大使館より緊急メール】治安情勢について(追記あり)

ミャンマー大使館より緊急メールがありました。
これは、大使館に在留届を出しているミャンマー在住者向けに連絡されているものですが、ミャンマーの治安情報なのでシェアします。

2016年11月17日・20日に、ヤンゴンの人が集まる商業施設で爆発がありました。
詳しくは調査中とのことですが、近いうちはなるべく多くの人が集まる場所(大型商業施設、観光地など)には行かない方が良さそうです。

私、17日も20日もヤンゴンの大型商業施設行ってたわ…
もし爆発のあった商業施設に行ってたら、と思うと恐ろしい。
ミャンマーは治安が良い方だからってすっかり安心してましたが、気をつけることにします。

下記、大使館からのメールを引用します。

 

**********************************
         在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ
               (緊急一斉メール)
**********************************

在留邦人の皆様へ
当地滞在中の皆様へ

        治安情勢について

               平成28年11月21日
               在ミャンマー日本国大使館・領事部

1 当地国営紙の報道によれば,先週17日(木),20日(日),ヤンゴン市内の大型商業施設において複数回の爆発があった旨伝えています。
(1)17日(木)19時半頃,ヤンゴン地区のオーシャンセンターにおいて2回の爆発があったが,負傷者はいなかった。
(2)20日(日)夕方,ドーボン地区(Dawbon Township)のキャピタルハイパーマートにおいて3回の爆発があったが,負傷者はいなかった。

2 また,21日同紙は,20日(日)午前2時頃から午前8時頃にかけて,シャン州北部の中国国境に近いムセ市(Muse)及び クッカイ(Kutkai)地区において,カチン独立軍(KIA),タアン/パラウン民族解放軍(TNLA),ミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA)の合同部隊が国軍基地,警察署及び105マイル貿易地区を攻撃,橋梁を爆破し,一部の治安部隊が死傷しただけでなく,民間人1名が死亡した旨報じています。

3 いずれの事件も現時点では詳細は不明ですが,在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては,不測の事態に巻き込まれることのないよう,テレビやラジオのニュース,インターネット等を通じて最新情報の入手に努めると共に,以下の点に御留意ください。
(1)シャン州の当該エリアへの不要不急の訪問は延期する。
(2)大型商業施設周辺,駐車場及び観光地,またテロの標的となりやすい場所(市場,公共交通機関など不特定多数が集まる場所,政府・軍・警察関係施設)を訪れる際には,周囲に注意を払う。不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど,常に安全確保に留意する。
(3)仮に爆発事件が起こった場合,今回のように複数の爆弾が同じエリア内,時間差で爆発することが想定されることから,現場には近づかない,速やかに離れる。

******************************************************************
(追記)11月24日、再びヤンゴンの入国管理・人口局事務所内で爆発がありました。
下記、大使館からのメールを引用します。
**********************************
         在ミャンマー日本国大使館からのお知らせ
               (緊急一斉メール)
**********************************

在留邦人の皆様へ
当地滞在中の皆様へ

     治安情勢について(その2)

              平成28年11月25日
              在ミャンマー日本国大使館・領事部

1 当地報道等によれば,24日(木)13時50分頃,ダゴン地区ピィーダウンズー通り沿いにある入国管理・人口局事務所内のトイレにおいて3回,トイレの外にあるゴミ箱内で1回の爆発があり,また付近で爆発物と見られるジュース瓶が発見された旨伝えています。本件については,17日のオーシャン・センター及び20日のキャピタルハイパーマートにおける事件との類似性を指摘する情報があります。

2 いずれの事件も現時点では詳細不明ですが,在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては,今後同じような事件が発生することが想定されますので,不測の事態に巻き込まれることのないよう,テレビやラジオのニュース,インターネット等を通じて最新情報の入手に努めるとともに,以下の点に御留意ください。特に,人が多く集まるところでは慎重な行動が必要です。
(1)大型商業施設周辺,駐車場及び観光地,またテロの標的となりやすい場所(市場,公共交通機関など不特定多数が集まる場所,政府・軍・警察関係施設)を訪れる際には,周囲に注意を払う。不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど,常に安全確保に留意する。
(2)今回の事件も,過去2回の事件と同様に複数の爆弾が同じエリア内において時間差で爆発していますので,仮に爆発事件が起こった場合,現場には近づかない,速やかに建物等から離れる。
*****************************************************************
ヤンゴンでの詳細不明の爆発が続いています。
人が集まる場所や、公共施設等、不要不急の用事がなければ避けた方が良いです。
比較的治安がいいと思っていたミャンマーですが、気をつけるに越したことないですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村