Growing up!

国際結婚したワーママの、かぞくの身の回りやあれこれ

(閲覧注意)うちのホワイトボードの裏に住み着いた衝撃的な生物

ある日突然、家にあるホワイトボードと壁の隙間から鳴き声がしたんです。
しかもすごく大きな鳴き声。子どもが目を覚ましてしまうほどの声量。私も、背筋がゾクってなるくらいびっくりしました。

旦那に聞いてみると、「タウッテー」とのこと。「タウッテー」と鳴くから、「タウッテー」と呼ばれているらしい。グロテスク爬虫類系苦手な人は見ない方がいいかも。

その正体がこちら

f:id:hana0905:20161123213301j:plain
トッケイヤモリ - Wikipedia 

グロテスク!!!旦那が携帯で調べて、写真を見せてくれた時にはグロテスクすぎて声が出ませんでした。
今写真を載せているけど、なるべく目をそらしながらブログ書いてます。はじめて知りました、こんなグロテスクで大きな鳴き声で叫ぶ生物。

ミャンマーでは「タウッテー」と呼ばれているけど、日本では「トッケイ」、学名は「ゲッコー」。どれもその鳴き声に由来しているそうです。だって鳴き声のインパクト大きすぎる!「ケケケケケ…タウッテー、タウッテー、タウッテー、タウッテー…」ちなみにyoutubeにタイのトッケイの鳴き声の動画がありました。
まさにこんな感じ!


タイのトッケーの泣き声

 はじめてホワイトボードから這い出てくるのを見た時は、驚きすぎて声をあげそうになりました。トカゲって小さいじゃないですか、ふつう。

それがこのトッケイは想像してた10倍くらいの大きさで、30cmくらいの大きさなんです!結構苦手なタイプ。ごめんね。

f:id:hana0905:20161123214020j:plain

興味ある人は詳細どうぞ。

分布
インド、インドネシア、カンボジア、タイ、中華人民共和国南部、ネパール、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス。

形態
全長25-35センチメートル。頭部は上から見ると三角形で大型。背面は細かい鱗で被われるが、やや大型の鱗が混じる。体色は淡青色で、橙色の斑点が入る個体が多いが個体変異や地域変異がある。斑点が尾では帯状になる。

生態
森林や民家の近くに生息する。種小名gecko、和名、英名共に鳴き声に由来する。
食性は動物食で、昆虫、クモ、ヤモリ、小哺乳類などを食べる。
繁殖形態は卵生。1回に2-3個の卵を産む。

トッケイヤモリ - Wikipedia

ミャンマーに来て、ベスト5にランクインするくらい衝撃的だったので思わず書いちゃいました。爬虫類だって一生懸命生きているのに、こんなこというの申し訳ないけどグロテスクすぎてもうホワイトボードに近づけない。ミャンマーの田舎にいると、色んな虫や生き物に出会えます。