Growing up!

起業して海外移住。国際結婚・ワーママのかぞくハックブログ。

クリスマスも新年も、全然浮かれることはない。

そういえば、今日はクリスマスイブなんですね。ミャンマーでは基本的にクリスマスも新年も、祝日ではなく普通の日です。
なので、浮かれることなく普通に過ぎ去っていきます。クリスマスがひとりで寂しい人は、ミャンマーに来たらクリスマスを忘れられるかもしれませんね。

クリスマスを恋人と過ごさなければいけないなんて、日本独特の習慣ですよね。ミャンマーの田舎に住んでいると、「クリスマス」という言葉すら全く聞きません

 

 f:id:hana0905:20161224114215p:plain

毎年気づいたら終わってるクリスマスと新年。

ミャンマーでは基本的にクリスマスも新年も祝日ではなく、平日です。最近は人が集まってパーティーのようなことをやる人もいるみたいですが、私の住んでいる田舎ではクリスマスも新年もイベントはありません。
クリスマスだからって、恋人と過ごすミャンマー人なんているのかな?聞いたことないです。
そういえば、今年もそろそろ終わりなんですね。ミャンマーにいると年末感も全然なく、カウントダウンもなく、毎年あっけなく年を越しています。

ミャンマーは仏教の国だから

ミャンマーは9割が仏教徒である、仏教の国です。

f:id:hana0905:20160930125908j:plain
なので、イエス・キリストの誕生を祝う「クリスマス」はキリスト教の最も大事にされている祭りですよね。以前は仏教を重んじるミャンマー人には受け入れられていなかったそうです。もちろん、ミャンマーにもキリスト教徒はいるし、教会もあります。教会では、クリスマスには毎年パーティーを行っています。
最近は、ヤンゴンなどの大都市を中心にクリスマスのイルミネーションやイベントが行われるようになりました。国の発展とともに、西洋の文化もミャンマーで知られるようになってきています。
私の住んでいるのはミャンマーの田舎なので、ホテルが観光客向けに小さなイルミネーションをしているくらいで、「そういえばもうすぐクリスマスかぁ」とそれを見て気づきました。
普通のミャンマー人は「クリスマス」は何事もなく過ぎさっていきます。なので、私も毎年何事もなく過ごしています。美味しいケーキも綺麗なイルミネーションもプレゼントありません。私たち夫婦はケーキも食べない、記念日も気にしない、行事ごとも気にしない。物欲もないので、クリスマスとは無縁です。

ミャンマーのお正月は4月だから

ミャンマーでは、西暦の新年(1月1日)よりも、ビルマ暦の新年(4月の水祭りの時期)が盛大に祝われます。

f:id:hana0905:20161224114558j:plain
なので日本では結構大きいイベントである1月1日の新年も、ミャンマー人は何か特別なことはせずに普段通りに過ごす人が多いと思います。
仕事も、大晦日・新年ともに関係なく通常営業です。私の住んでいるニャウンシュエ町では、観光客が多いので、大晦日や新年に外国人向けのイベントを行うレストランなどもあるみたいです。

何をするでもなく、何事もなく過ぎ去るクリスマスと新年を迎えるのも3年目。でもいつか、ミャンマー人の旦那と娘にも日本のクリスマスと新年を見てほしいな。さて、クリスマスだろうが新年だろうが関係なく、育児と仕事はりきます!

  

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村