Growing up!

起業して海外移住。国際結婚・ワーママのかぞくハックブログ。

旅行に来るなら知っておきたいミャンマーのタブー。

住んでいて教わったミャンマーのタブーやマナーをご紹介したいと思います。知らなかったり、知っててもやってしまったりして、私もいまだにまわりのミャンマー人から注意されることも。。ミャンマー旅行・生活の参考にしていただければ嬉しいです。

頭が大事、足は不浄

頭は体の中で一番高い場所にあり、精霊が宿るとされています。「子供の頭をなでるのはタブー」と地球の歩き方などのガイドブックにも載っていますが、確かにミャンマー人は子どもを頭をなでる習慣はありません。

また、足の裏は不浄な部分と考えられていて、足の裏を誰かの方向に向けたり、他人の足をまたぐのも、良くありません。私はいつも旦那をまたごうとして、怒られる。笑

寺院では肌の露出不可

f:id:hana0905:20160930164614j:plain

シュエタゴン・パヤーなどの寺院では、タンクトップや短パン、女性の露出の多いミニスカートなどを着て入ることはできません。服装には注意が必要です。

また、寺院の中に入る時は靴を脱がなければなりません。これは寺院が汚れるからではなく、裸足になることが神への敬意をあらわし、外の穢れを持ち込まないということだそうです。

僧侶に気軽に話しかけない

f:id:hana0905:20170212175647j:plain
ミャンマーではあちらこちらで僧侶を見かけますが、気軽に話しかけたり、体に触れてはいけません。
特に女性は、僧侶の修行の妨げになってしまうので気をつける必要があります。
仏教では、僧侶は尊敬するべき存在であり、「僧侶の影を踏んだり、僧侶の体に触れてはならない」もよく知られた習慣です。

洗濯物を男女わける

男女の洗濯物を同じカゴや、洗濯機などに一緒に入れてはいけません。女性の服は「ケガレ」だと考えられていて、男性の運を下げるそうです。
旦那と結婚当初は、洗濯機で一緒に洗濯していて怒られました。笑
そして女性のズボンやスカートなどは人目のつかないところに干さなければなりません。そもそも仏教には男尊女卑のような考えがありますよね。女性は情が深くて愛を求める生き物であるから、仏教の悟りからは遠いとされています。

怒らない

人前で怒ることはみっともないことだとされています。怒りは人間を地獄界の精神状態に追いやり、死後最悪の条件に転生すると考えられているそうです。
ミャンマーでは、人前で怒ったり、喧嘩している人を見ることはほとんどありません。
ミャンマー人はいつも穏やかで優しい人が多いです。

f:id:hana0905:20160930125909j:plain

ミャンマーでのマナーまとめ

国民の約9割が仏教徒というミャンマーでは、仏教の教えに沿った習慣やタブーがあります。ミャンマーの習慣などを知っておくと、旅行の際には彼らの文化を尊重することにもなります。
外国に行くのであれば、その国のマナーを知っておくのはやっぱり大事ですよね。
ミャンマーへウェルカム!

旅の指さし会話帳44ミャンマー (ここ以外のどこかへ!)

旅の指さし会話帳44ミャンマー (ここ以外のどこかへ!)

 


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村