Growing up!

夫婦で起業して海外移住。国際結婚・ワーママのかぞくハックブログ。

インレー湖周辺の観光場所。ボートツアーの見どころを紹介します。

インレー湖(ニャウンシュエ町)に住んでいる唯一の日本人は私です。久しぶりにインレー湖の観光に行ったので、ツアーレポートです。いつ行っても広大な湖に癒されます。インレー湖を観光される方の参考になれば嬉しいです!

ミャンマー、インレー湖の観光ハイシーズンは? 

6月~10月はミャンマー全域で雨季。雨がよく降るのでインレー湖も観光客は減少…
でも、ツアーやホテルの料金は下がっています。
ミャンマー観光ベストシーズンは雨季が終わった11月あたりから。雨が降らず、インレー湖の景色も空が広く見えてとっても美しいです。

f:id:hana0905:20170706143112j:plain

ボートツアー料金は交渉の余地ありです。インレー湖をまわるボートツアーは、行く場所や期間によって大きく変わってきます。

ボートで立ち寄る場所が少ないほど、ツアー料金は安くなります。
●ボートチャーター料:15,000ks($10)~
+ガイド料がつきます。英語ガイド:$15~
実はインレー湖のあたりには、日本語ガイドがいないので現地で見つけることはほぼ不可能。英語のガイドさんがついて来てくれるのが一般的。

インレー湖ボートツアーの観光場所 

五日市場

f:id:hana0905:20170706143437j:plain
インレー湖のまわりでは五日市場と呼ばれる5日ごとに開かれる市場があります。周辺の少数民族の人々は、この日にあらゆる売り買いをするので、たくさんの少数民族の生活の一面を目にすることができます。
活気のある市場には、野菜や魚、肉などの生鮮食品から、電化製品や食器などあらゆる生活用品が売られています。 

インダー族の水上生活、浮き畑

f:id:hana0905:20170718193607j:plain
インレー湖上に家を建てて生活しているインダー族。独自の方法で魚をとったり、足で船をこいだり、独特な習慣を持つ少数民族。
そんな彼らの生活や、インレー湖に浮かぶ浮き畑を見ることができます。 f:id:hana0905:20170718193528j:plain

蓮糸の絹織物工房

f:id:hana0905:20170706142542j:plain

世界でも有名なインレー湖の絹織物工房。インレー湖のあたりの主要産業にもなっている、絹織物が織られる工程を間近で見ることができます。
蓮からできる蓮布は希少価値が高く、インレー湖でしかつくられません。
蓮布は細かい手作業とおよそ20もある多くの工程を経て完成するので、とても高価です。ストールは1枚$200以上の値段がついています。
f:id:hana0905:20170706142558j:plain

首長族

インレー湖上に生活する首長族にも会うことができます。ミャンマーでは「パダウン族」と呼ばれ、女性は4,5歳くらいから首にリングをはめ始めます。重さは3~10キログラムももあるそうで「重くないの?」と聞くと「これが普通だから」と笑顔で答えてくれました。

ミャンマー人の旦那からしても、首長族は特別な存在だそうです。特別な少数民族に囲まれて嬉しそうな旦那。旦那も少数民族の一人なのに!笑
f:id:hana0905:20170706143834j:plain

ファンドゥーパヤー

インレー湖のシンボル的寺院。お寺の中心には5体の仏像が奉られています。
もともとは普通の仏像でしたが、今ではミャンマー人が金箔を張りまくったために、仏像はまんまるに。
金箔を張ることで徳を積めるそうですが、男性のみです。多くのミャンマー人がお祈りに来ています。
f:id:hana0905:20170706142616j:plain

ガーペ僧院

以前は猫が飛び回って芸をする、ジャンピング・キャットの寺院としても有名でした。猫に芸を教えるお坊さんが亡くなってからは、猫もジャンプしなくなったそうです。
私が訪れたときも、猫がごろごろ~と寺院の中でリラックスしているようでした。シャン様式の仏像が奉られています。

サガー遺跡

f:id:hana0905:20180104001316j:plain
奥インレーと呼ばれるインレー湖のもっと奥にあるサガー遺跡。湖の船乗り場からサガー遺跡までの所要時間は、ボートでおよそ3時間もかかります。
ですが、湖に浮かぶ独特な雰囲気の遺跡は一見の価値あり。距離が遠いのでボート料金も50,000ks程度かかります。

インレー湖ツアー料金と所要時間

インレー湖観光の所要時間は、観光する場所の数によります。早めにまわりたければ、観光場所を少し省けば半日程度で終わることもできます。のんびりインレー湖全体を観光するなら、朝から行っても夕方には帰れます。
(ちなみにインレー湖とカックー遺跡を1日でまわるのは無理だと思います。)


ボートツアーの料金は、一艘15,000チャット〜30,000チャット。これも、観光するポイントが多いほど値段は高くなります。ボート一艘に、最大5人まで乗ることができるので他の観光客とシェアすればお得ですね。英語のガイドをつけるとプラス$5程度かかります。現地に日本語ガイドはいません。

インレー湖観光ツアーまとめ

f:id:hana0905:20170718193717j:plain

インレー湖を巡るボートツアーについてご紹介しました。インレー湖の観光へ行ってみたくなりましたか?
ボートに乗り、広くて自然美しいインレー湖を巡る旅。ミャンマーの少数民族と出会う旅。
ご質問などあれば、お問い合わせからもご連絡くださいね。

インレー湖はアジア圏の観光客より、欧米の観光客が圧倒的に多いのです。まだまだ日本人の注目度は低いインレー湖。ぜひいらしてみてはいかがでしょうか?

f:id:hana0905:20170718193801j:plain

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/03/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

インレー湖までの詳しい行き方はこちらから。 

  

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村