Growing up!

夫婦で起業して海外移住。国際結婚・ワーママのかぞくハックブログ。

本好き・旅好きの人にはkindleが最高な理由。

日本一時帰国に購入したどうしても欲しかったKindle Paperwhite。旅する人や海外在住の人に最高に役に立つKindle Paperwhiteを紹介します!
旅行に行くときは絶対に持って行くKindle。そして海外在住の私の生活には欠かせない存在となっています。
f:id:hana0905:20171214192314p:plain
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

海外旅行・海外生活で本が読みたい

日本にいる時は3日間に一冊ペースで本を読んでいました。ですが、海外移住してからなかなか日本の本を手に入れることができずに本が読みたくなりすぎて、ついにkindle購入を決意しました。
海外移住の際に日本から30冊も本を持ち込んでいますが、とにかく重いし、新しく読みたい本が出てきた時には次の日本一時帰国まで待つしかありませんでした。

学生の頃にバックパックで世界を旅していた時も、本を3冊と旅の中で出会う人と本を交換したりしていましたが、それでも旅中に読みたい本が読めないのは辛い。
kindleは値段も安いものではないし、「本は紙でなきゃ。電子なんて邪道だわ」と思い込んでいたのでkindleの購入を躊躇していたのです。が、思い切って買ってみたkindle。最高です。もっと早く買えばよかった。

Kindleの懸念点

Kindleの存在はだいぶ前から知っていたけど、購入を躊躇していた理由がありました。今回はそのkindleの懸念点を踏まえながら、海外生活にkindleが最高すぎるということについて述べます。

kindleって目が疲れないのか?

Kindleを使うまでは、ダンゼン紙の本派でした。「やっぱり紙の本の質感がいいよね~」「紙じゃないと本じゃない。」なんて思っていました。それに電子書籍と聞いて、真っ先に思ったのは「目が疲れないのか?」ということが心配でした。
日常的にパソコンを使っていて、目が疲労することもしばしば。またスマホをちょっと使うだけで、目がすぐに疲れて来てしまう私は、Kindleという電子機器でたくさんの文字を読むはできないだろうな。と思っていました。

ですが、目が疲れないというkindleのレビューを信じて、いざkindleで読んでみると…
確かに、全然目が疲れない。というか、kindleって本当に紙みたい。スマホやタブレットを見ている感覚とは全然違います。
それは、Kindleはブルーライトが出ないから。そりゃ疲れないわけだ。

私はKindle Paperwhiteを購入しましたが、バックライトをつけなければ本当に紙を見ている感覚。
「目が疲れるんじゃないか?」という私の心配はあっという間に消え去りました。バックライトがつけられるKindle Paperwhiteは、部屋の電気を消しても読むことができるし、暗い飛行機の機内でも本を読むことができます。紙の本よりとっても便利! 

本を読む時に重くないのか

タブレットを持っているのですが、タブレットって重い。とてもじゃないけど、これで本を読むことなんてできないな、と思っていました。ですが、Kindleって圧倒的に軽い。その重さ約200g。思ったよりずっと小さいし、薄いし、軽い。

f:id:hana0905:20171214193117p:plainKindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

一般的な文庫本のような大きさと重さで、片手で持って読むことができます。通勤の時も、大学に行く時も、旅に行く時も、とりあえずカバンに入れておいても気にならない重さ。ポータビリティに優れています。
私は海外移住する時に、日本から本を何十冊も持って行くのにとても苦労しました。本のために他の荷物を減らさなければなりませんでした。
もっと早くkindleを買っておけばそんな苦労はしなかったのに。 
出張や旅行などの時にも、kindleがあれば何十冊・何百冊の本を簡単に持ち歩くことができるのでとても便利です。旅とkindleの相性は最高。
ちなみに、kindleは一回フル充電すると1日に数時間読んだとしても1週間以上は充電が切れません。短時間でいちいち充電しなくていいので楽。

本を読むのに動作の容量は十分か?

もう一つkindleに対して、大きく懸念していたことがkindleの動作と容量について。
「本を読むのにいちいち文字崩れや、動作がスムーズじゃなかったら嫌だな。」本を読むときは、本の世界に入り込んでスムーズに続きを読みたい!電子機器にありがちな動作障害があることが心配でした。

実際に、kindleを使って早数ヶ月。kindleはページをめくるように指でタッチして本のページをめくります。今のところ、本の世界を邪魔されることなく動作はスムーズです。
32GBのマンガモデルの場合は、数千冊の本、500冊以上の漫画が入るほどの容量。
長期旅行に行く時も、何冊もの本を持ち歩く必要なし!
バックパッカーで1年間旅していた時に本当に欲しかった。選び抜いた3冊の本を何回読み返したことか。
本は自分の世界を広げてくれます。知らない世界を見せてくれます。本に埋め尽くされたいくらい本が大好きな私は、実家の自分の部屋の1/4が本で埋まっていました。このままいくと、将来は本のための部屋(書斎)を作ることを覚悟していました。
しかし、kidleのおかげで海外に移住してきても、書斎をわざわざ作ることなくスペースを取らずに済んでいます。

さらにkindleには、紙の本にはない様々な便利機能があります。下記に紹介していきます。

紙の本にはないkindleの便利機能

書籍の情報

本を読了するまでにかかる時間の目安や、シリーズ第何作目の本なのかなど、書籍の情報を簡単に確認することができます。
さらに読んでいる途中に、現在の章や現在のページから読了までの時間も一目でわかる。読書スピードや読書の頻度を記録しておくリーディングタイム機能を使えば、自分の読書スピードでどれだけの量の本が読めるかもすぐにわかります。

本の文字サイズを変更できる

紙の本では絶対にありえない、文字サイズの調整。自分の好きな文字サイズに自由に変更することができます。文字が大きすぎてもイヤだし、小さすぎてもイヤ。
自分に合った読みやすい文字サイズで読むことは思ったよりも心地よく読書できる要因になっています。

知らない単語や翻訳も簡単

Kindleでは知らない単語や文字が出てきた時に簡単に調べることができます。紙の本で、知らない単語が出てきたら、辞書で改めて調べなければならないですよね?
kindleは検索機能で、今読んでいるページから離れることなく簡単に調べることができます。
またkindleは洋書ももちろんダウンロードでき、英単語も「Word Wise」という機能を使えばとても便利。英語の同義語が表示され、わざわざ辞書で調べる必要がありません。単語をタップし、日本語や英語や中国語など他言語にすぐに翻訳することができます。

Kindleのメリット:紙の本よりも安い

さらに電子書籍kindleのメリットは、紙の本よりも値段が安いところ。紙の本が1500円だったら。kindle本は1200円くらいです。大体10~25%くらい紙の本より安い。
月額980円で本が読み放題のKindle Unlimitedという最高なサービスもあります。紙の本にはない、最大50%OFFにもなるkindleの割引セールや月替わりのセールも頻繁に行われています。

Kindleはどれを買う?Paperwhite一択!

f:id:hana0905:20171214194507p:plain
私が即決したのは、Kindle Paperwhite。ふつうのKindleは¥ 8,980で安いけど、バックライトがないので却下。バックライトがなければ暗い場所で読めないので、不便です。
Kindle Paperwhiteより高価なkindle Voyageやkindle Oasisは、明るさの調整機能や20g軽くなったくらい。
それくらいしか変わったとこともなく、値段は1万円も変わってくるので、Kindle Paperwhiteは値段も機能もほどよくバランス取れた機種としておすすめです。

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき

 

海外で日本のKindleは使えるのか?

私はミャンマーで、問題なく使っています。私は、日本でkindleを購入して日本のamazonアカウントで使っています。他の国で使っている友人もたくさんいます。世界一周に行っている後輩も世界中でkindleを使っていて問題ないようです。 
調べてみると、購入冊数の制限がかかる場合もあるみたいです。数冊目以降は購入できなくなった例があります。「海外のIPを使って購入すると、制限がかる可能性がある」そうです。私の場合は、海外IPで10冊以上購入していて今のところ問題ありませんが、解決策としては下記の対応が考えられます。
1. VPNを利用する
海外旅行中に利用したことがある人も多いかもしれませんが、海外から日本のIPを使う方法があります。それがVPNといい、海外移住の私は日本からのアクセスしかできないようなサイトやアプリケーションのダウンロードはVPNを利用しています。

2. 自分のamazonのアカウントから、家族などに頼んで本を購入してもらう
信頼できる家族や友人に頼んで、自分のアカウントからkindle本を買ってもらう手もあります。私も最悪その方法を使おうと思っていますが、自分の欲しい時にわざわざ先方に連絡して購入してもらうのも面倒ですね。

海外旅行・海外生活にkindleを

ただのkindleおすすめ記事みたいになってしまいましたが、旅をするのが好きだったらkindleをおともにするのが最高です。軽いし、薄いし、邪魔にならない。数十冊・数百冊の本を持ち歩けるなんて、本好き旅好きなら最高の代物です。
海外生活をはじめてkindleが最高すぎるので、本好きな旅好きの人の参考になれば嬉しいです。
海外移住してからも日本の本が読みたい!という私のような人にもkindleはマストアイテム。今では私の海外生活にもkindle手放せない存在です。
☆Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル

 

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村