Growing up!

国際結婚したワーママの、かぞくの身の回りやあれこれ

子どもの不登校・登校拒否。その時、親として何ができるのか?

子を持つ親はいつだって、自分の子どもに幸せでいてほしいと願っていますよね。
ですが、子どもの人生だって楽しいことだけではありません。

ある日突然、子どもが「学校に行きたくない。」「具合がわるい、朝起きられない。」と言ったら私たち親はどうしたらいいのでしょう?

実は私自身も、小中学校・高等学校でそれぞれ数ヶ月間不登校になった経験があります。そんな私も今では人の親。
子どもが学校に行けなくなり不登校(登校拒否)になる原因と、親としてできることを、私の経験談と政府の統計を踏まえながらお伝えして行きます。

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

 

不登校(登校拒否)の原因は何なのか?

f:id:hana0905:20180111173403j:plain

なぜ自分の子どもが学校に行きたくないのか?行けないのか?
不登校の子どもを持つ親であれば、その理由を知りたいですよね。ここでは不登校になってしまう原因を大きく5つに分けてお伝えします。

【1】子ども本人の問題
【2】学校の友達の問題
【3】家庭の問題
【4】勉強についての問題
【5】その他(先生の問題や病気)・不明

【1】子ども本人の問題

不登校の原因として最も多いのは、外的な要因ではなく子ども本人の問題であると政府の調査で明らかになっています。

100%子ども本人だけの問題ではないとしても、少し嫌なことがあった時に落ち込みすぎてしまったり、悩みすぎてしまったり、そう言った子どもの心の問題が不登校の原因となりうるのです。

どんな外的問題があっても、子どもの心が大抵の問題を跳ね返せるのであれば不登校にはなりませんよね。
ですが小中学校・高校などの多感な子どもの心はすごく繊細で、周りを気にしすぎたり悩みすぎてしまうことが度々あります。

例えば、入学・進級・転入などといったタイミングで、クラスや環境の変化にうまく適応できないことでも不登校になってしまうことがあります。新しい環境に適応するのは、大人でもストレスを感じたり緊張したりしますよね。

また、学校の決まりや部活動やクラブ活動の規則などに不満を感じて学校に行きたくなるケースも。
私自身の経験でも、中学校は全員部活動に加入しなければならず、入った部活の先生が暴力をふるうほど厳しく、その先生の指導について行けずに1回不登校になりました。

子どもの心はまだまだ些細なことで傷つきやすいのです。

不登校の保護者に評判。体内リズムを整え登校できるようになる光で起こす目覚まし

子どもの問題に親がしてあげられること

本人が自分の心がうまくコントロールできないことで、学校へ行く勇気が出なくなってしまっている場合、親がしてあげられることは心のサポートをしてあげること。
子どもが自分で自分の心と向き合い、ぶつかっている壁を乗り越えられるようにしてあげましょう。
どんな時も必要なのは、子どもの話を聞いてあげること。たくさんのアドバイスは要りません。

ただ優しく見守り、話を聞いてあげることで、悩んでどうしようもなかった心は少しずつほぐれていきます。
そして子ども自身が心の内を話をしているうちに、モヤモヤしていたものが言語化されて何が問題なのか自分自身でわかってきます。
「自分はなんであんな些細なことで悩んでいたのか。」気づくかもしれません。

無理やり悩んでいる理由を聞く必要はありません。子どもが言いたくなければ無理に言わせないようにしましょう。余計にストレスになり、逆効果です。

 

【2】学校の友達の問題

f:id:hana0905:20180112162051j:plain
子どもの不登校の原因として多いと考えられているのが、学校の友人関係。漠然とした友人関係の悩みから、執拗ないじめによる悩みまで様々です。

私自身の経験を振り返ってみても、友人関係の悩みは常にありました。
小学校高学年あたりから始まった女子の派閥争い。いくつもの女子グループができあがり、そのグループやリーダー格の女子に目をつけられると無視されたり、いじめられたり、孤独になりました。

でも、いじめのターゲットになった者に味方してくれる人はほとんどいないのです。いじめられっ子を擁護すると、その擁護した人が新たないじめのターゲットになってしまいます。そういういじめの連鎖が私の小中学校ではありました。

私の一番初めの不登校は小学校5年生の時、女子グループからの執拗ないじめが原因でした。
クラス全員から無視される、自分のノートが引き裂かれ「バカ」「シネ」と書かれ、机や靴箱には画鋲が入っていました。恐怖で学校に行けなくなりました。
些細な友人関係の悩みでも、いじめにあっていたといても、なんでも仲良く話せる友達が一人でもいたら心強かったのかもしれません。

友人関係やいじめ問題に親がしてあげられること

友人関係やいじめの問題は、なかなか親が把握しづらいということをまずわかっておきましょう。
学校の先生さえもいじめが起こっていることに気づかないくらい、今の子ども達は影でずる賢くいじめをしている可能性があります。

友人関係やいじめの問題は、子ども本人の口からは言いにくいことです。「自分がいじめられているのを知ったら、親が悲しむから。」と親には言わない子どもがほとんど。

もし、子どもが「学校に行きたくない。」と不登校になった時には、その原因にいじめや友人関係があるかもしれないと考えておきましょう。
いじめについて深く追求するのは、子どもにとって大きなストレスになります。

無理に学校に行くことを強要してはいけません。「お友達と何かあったの?」と少しずつ子どもが話せるように導いてあげましょう。

 最近のいじめは子どもだけで解決することは難しく、学校の先生に対処法を相談したり、場合によっては転校も視野に入れた方がいいケースもあります。

【3】家庭の問題

不登校の原因に家庭環境が関係している場合も多くあります。
両親の仲がわるくケンカばかりしている家庭にいて、子どもが幸せなわけがありません。子どもにとってお母さんとお父さんがいつもケンカしていることは、精神的に苦しく子どもの将来にも悪影響を及ぼします。

家庭内不和によって、精神的にダメージを受けた子どもが不登校になることがあります。本来、心落ち着ける場所である家庭、家族がなければ子どもは何をする気力もなくなってしまうのです。

私自身も、両親不仲の家庭で小中学校を過ごし、高校2年生の時に両親は離婚しました。正直「人生最悪だ。」と思っていました。父も母も信じられずに、心安らぐ場所はありませんでした。

学校に行く気もなくなり、学校へ行かずふらふらと街を歩いたり、公園で時間をつぶしたりしていました。親からも学校の先生からも不良だと言われましたが、本当に何もやりたくなかったのです。

家庭の問題に親がしてあげられること

子どもが家庭の問題で不登校になってしまっている場合、親が変わる必要があります。

不登校の子を持つ親のなかには、自分たちが原因だということを認めたくない人もいるかもしれませんが、親が変わり、家庭内の不和を改善しなくてはなりません。

夫婦の不仲を見て育った子どもは、人の愛を信じられなくなるかもしれません。結婚生活にネガティブな考えを持ってしまうかもしれません。
夫婦のことは夫婦だけの話ではなく、子どもに多大なる影響を及ぼすのです。家庭内不和を解決していけば、子どもの心も落ち着き、学校に行く気力も取り戻せるはずです。

【4】勉強ついての問題 

勉強について悩みが原因で不登校になる生徒もいます。

・勉強が嫌いでやりたくない
・学校の授業が難しくついていけない
・成績に関する親や先生のプレッシャーに耐えられない

そういった勉強の悩みで学校に行くのが辛くなってしまうことがあります。
自分がどれだけ頑張ったとしても、うまくできない。できないから余計に頑張る気持ちも出ない。そうなったら、学校で勉強することが嫌になってしまいます。

勉強の問題に親がしてあげられること

勉強することが嫌になってしまって、学校に行けない場合は「勉強することの楽しさ」を子ども自身が知ることが必要です。
小中学校は、生きていくための基本的な学力を学びます。それが欠落してしまっては子どもの将来に困ることが出てくるでしょう。
「学んでできるようになることは楽しい!」と親が教えてあげましょう。

本を読んだり、ゲームのように学んだり、なんでもいいので知ることって楽しいと体験を子どもにさせてあげることが大切です。
そうすると、勉強に対する考えも変わり、学校で楽しく勉強ができるようになっていくはずです。  

【5】その他(先生の問題や病気)・不明

f:id:hana0905:20180112162121j:plain
不登校になる原因は、他にも考えられます。

例えば学校の先生が不登校の原因になることもあります。先生を信じられなくなったり、嫌なことをされたり、先生がただ気に食わなかったり。

私自身も学校の先生が大嫌いでした。私が先生に対して嫌いという態度をとるから、相手の先生も威圧的な態度で接してきます。そういう悪循環のなかで、先生の授業を受けたくないから学校にも行かない。と授業に出なかったこともあります。

また、病気や何かで欠席が続いてしまった時も、学校へ行きづらくなることがあります。
クラスメイトの周りの目が気になったり、授業に出られなかった部分を取り返すことが辛かったり、そういった理由で不登校になる場合もあるのです。 

不登校の理由がわからないということももちろんあります。不登校になっている子ども自身が、混乱していて状況をうまく説明できなかったり、様々な理由が複雑に絡み合っている場合も一言では原因を言えません。

私自身は友人関係にも悩み、家庭も両親不仲で最悪、学校の先生も大嫌いで、今思うと自分の心も幼稚で脆かったように思います。勉強だけはできたので、余計学校に行く必要性も感じていませんでした。

そんな複雑な心のなかで、何か特定の一つが原因だった訳ではないのだと思います。

子どもが不登校になったら親ができることは?まとめ

もし子どもが不登校・登校拒否になったらまず、話を聞いてあげましょう。子どもがどんな時でも最後に頼ることができるのは親です。

もし、すぐに話ができないのであれば待ちましょう。決して無理に「学校に行け」なんて言わないでくださいね。
学校に行けなくなるまでに、子どもはきっとたくさん苦しんだはずです。休ませてあげてください。学校に行かなくても死にません。

内閣府が発表している「18歳以下の子どもの自殺がもっとも多かった日」は9月1日。多くの学校で新学期が始まる日です。
夏休みのあいだは、「学校に行かなきゃ」との思いから少しだけ解放される、つかの間の休息期間。
学校のことを考えるたび、つらい気持ちになって一人で悩んでいる子どももいます。辛いなかがんばってきたのだから、子どもにも休むことが必要です。 

私自身も、死ぬほど学校に行きたくない時があって、不登校になりました。
学校に行かない自分を責める気持ちも、プレッシャーに押しつぶされそうにもなります。学校に行かなくても、気持ちは落ち着くわけじゃないし、どっちにしても辛いのが正直なところ。

その子自身だけでは、解決できないことだってあります。

ゆっくり急かさないで話を聞いてくれて「学校に行きたくなかったら、行かなくてもいいよ。」って、誰かが言ってくれたらきっと心が軽くなっただろうと思います。

不登校の時は視野が狭くて、ただ苦しかった。学校が全てじゃないし、世界は広いんだって大人になった今わかります。子どもはあらゆる可能性にあふれています。

もし子どもが辛い時には、いつだって立ち直れるようにまずは手を差し伸べてあげたい。 子どもの決断を尊重し、応援してあげたいと思います。

 

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

よかったら読者登録していただけると嬉しいです!