Growing up!

国際結婚したワーママの子育てや家族のあれこれ

洗剤を使わずに洗濯できるベビーマグちゃん。石鹸なしのメリットデメリット

こんにちは。2人姉妹のママhana(@hana_myan)です。

 

できるだけ合成洗剤などをを使わないナチュラルな生活ができたらいいですよね。
私は子どもができてから余計にそう思うようになりました。

そんなノンケミカルな生活を目指している人にも、そうでない人にもあらゆる人にオススメしたい洗濯用品があるんです。
それは洗濯する時に合成洗剤の代わりになる「ベビーマグちゃん」

ベビーマグちゃん (ピンク)

ベビーマグちゃん (ピンク)

 

この「ベビーマグちゃん」は、飲料水素水にも使われる高純度のマグネシウムを利用した、環境にも身体にもやさしい洗濯用品。

洗濯洗剤を一切やめて、代わりにベビーマグちゃんを使うようになってから3ヶ月が経ったので、洗濯洗剤なしのメリットデメリットなどをご紹介したいと思います。

ベビーマグちゃんの洗浄力や効果は?

f:id:hana0905:20180620212326j:plain
洗剤を使わないで洗濯ができるなんてどんな仕組みだと思いますか?

それはシンプルな化学反応によるものだそうです。高純度のマグネシウムと水が混ざり合うと、水はアルカリイオン水に化学変化し、そのアルカリイオン水には汚れを分解し落とすことができる洗浄力があるというのです。

さらに、臭いの除去するパワーはなんと合成洗剤の10倍。
そして嬉しいのは、このベビーマグちゃんを洗濯機で使い続けていくと、洗濯槽や排水パイプまできれいになってしまうそうです。

ベビーマグちゃんの使い方

「ベビーマグちゃん」は商品名にベビーとついていますが、もちろん大人の洗濯に使えます。
その使い方は、洗濯物とともに洗濯機にポンッと入れるだけ。
洗剤などを入れずにベビーマグちゃんと洗濯物だけを入れて洗濯機を回します。

ベビーマグちゃんが洗濯物の汚れを落とし、匂いを除去してくれるので洗剤などは必要ないのです。
マグちゃんは洗濯物3kgで1つ・5kgで2つ・8kgで3つを目安として使います。

洗濯洗剤を使わないメリット

f:id:hana0905:20180620212549j:plain
・洗剤残りを気にしなくていい
洗剤を使わないので、洗濯物に洗剤が残ってしまうこともありません。洗剤の匂いが苦手な人にもオススメ。子どもや赤ちゃんにも合成洗剤を使わなくていいので安心です。

・洗濯が簡単、手間がない
洗剤の量を計ったりする必要がなく、マグちゃんネットを洗濯機にポンっと入れるだけでとても簡単です。洗剤を買ったり、詰め替えたりの手間もありません。

・エコで経済的
このベビーマグちゃんはなんと約300回使用可能。1つ2500円くらいなので、市販の洗濯洗剤と比べてもとっても経済的。
そして洗剤が必要ないので環境にもよく、なんと使い続けているうちに洗濯層や排水パイプもも洗浄してくれちゃうので嬉しいですよね。

ベビーマグちゃんで洗濯するデメリット

私は使い始めてデメリットを感じていないのですが、あえてあげるとすれば下記のようなデメリットがあるかもしれません。

・香りがない
私は柔軟剤などの香りが苦手なので、香りがないのはむしろありがたいのですが、柔軟剤のフローラルなどの香りが好きな方は洗濯後に無臭で物足りなく感じるかもしれません。

・ひどい汚れは落ちにくい場合がある
汚れの程度がひどいものは、洗濯マグちゃんだけでは落ちにくいかもしれません。
大抵の汚れは落ちますが、シミがひどいものなどは下洗いをしてから洗濯機で洗うと安心です。

・そのまま乾燥運転は不可
洗濯機によっては乾燥機能がありますが、マグちゃんは乾燥の際取り出した方がいいそうです。ネットが痛んでしまう可能性があります。

洗濯洗剤なし生活をしてみませんか!まとめ

ベビーマグちゃん (ピンク)

ベビーマグちゃん (ピンク)

 

赤ちゃんや子どもにも安心して使えるし、環境にもよく経済的。良いことづくしで、あらゆる人にオススメしたいです。
「子どもが袖口をしゃぶっても安心」「皮膚トラブルが改善された」などの喜びの声が寄せられているそうですよ。

しかもなんとこのベビーマグちゃんを販売している宮本製作所さんは、このベビーマグちゃんの洗濯排水を農業に使おうと研究を進めているそう。

「人の身体に優しいものは、環境にも優しいものです。マグネシウムは菌の繁殖を抑えますが、微生物を殺すことはありません。
それだけでなく、マグちゃんを使用した洗濯排水には栄養がたっぷり入っているんです。今後、これを農業に再利用できるんじゃないかと考えています」

生活排水がむしろ環境にいいなんて。すごすぎます。
合成洗剤を使わない洗濯、試してみてはいかがでしょうか?