Growing up!

国際結婚したワーママの子育てや家族のあれこれ

自己紹介

私たち家族のことを紹介します。

我が家のチームメンバー

私(hana):細かいことは気にしないゆるい性格だけど、ワーカホリック。
インドのストリートチルドレンと一緒に寝たり、ミャンマーの泥道を裸足で歩き回ったり、適応力は高い方。
自分の子どもも他人の子どもも、とにかく子どもが大好き。頑固なところがたまに旦那を困らせてるらしい。。 

ミャンマー人旦那:子どもみたいに無邪気で、よくはしゃぐ。ミャンマー人の中でも特にのんびり屋。
敬虔な仏教徒でよく祈り、他人に親切すぎるくらい優しい。日本語もできて有機農業に詳しい。 旦那も頑固なところあり。笑

長女:2016年6月生まれ。
よく笑いよく叫ぶとっても良い子。
日本で生まれ、生後3ヶ月からミャンマーで育つ。生まれてからほとんど病気もしたことがない丈夫な子。
1歳半にして、日本語・英語・ミャンマー語をごちゃ混ぜに話す。 

次女:2018年9月生まれ。
出産時、新生児仮死になり蘇生。多指症で生まれてくる。
よく寝る手のかからない赤ちゃん。

家族はチームだ!助け合い、励まし合い、支え合っていく。
2018年現在、家族みんなで日本に暮らしています。

家族のこと

ミャンマーに移住して1年後、

子どもみたいに無邪気な農家のミャンマー人と結婚

2016年6月第一子、2018年9月第二子誕生!

 

ミャンマーのインレー湖ほとりの田舎町(ニャウンシュエ)在住。

日本人はひとりだけ。

(追記)2018年8月

ミャンマーで起業した会社が乗っ取られることになり、

家族で日本に移住!


できるだけ「人と自然に優しく、何があっても笑い合おう。」

が家族のモットー。
旦那は敬虔な仏教徒で、出家を諦めて結婚しました。

将来はミャンマーか日本で有機農業をして、地球と人に優しく暮らしていきたいなぁ。

私の学生時代

アジアの発展途上国をバックパッカーで旅し、貧しくても必死に生きる人々に出会い、海外で働くことを決意
モノをたくさん持っていても幸せじゃない、本当の幸せは幸せを感じられる心があることだと気づき、ミニマリストに。

ミニマリトは物を持たなくても幸せなのか?旅人って最小限で旅しているよね - Growing up!
ミニマリトは物を持たなくても幸せなのか?貧しい国の人は不幸なのか? - Growing up!
行った国は、韓国 中国 ネパール インド バングラデシュ ミャンマー ラオス カンボジア ベトナム シンガポール マレーシア フィリピン インドネシア オーストラリア アメリカ 

入社1年目で海外赴任

新卒入社し1年目、23歳の時に縁あってミャンマーという国で働くことになりました。
1人で現地に乗り込み、現地法人を立ち上げ、インレー湖ほとりの田舎町で生活しています。この国に貢献できるような仕事ができればいいなといつも思っています。

f:id:hana0905:20160929204240j:plain

2018年現在、家族みんなで日本移住完了! 

国際結婚、ミャンマー人の旦那と娘

ミャンマーに移住して1年後、子どもみたいに無邪気な農家のミャンマー人と結婚
2016年6月長女、2018年9月次女誕生!

将来は家族で有機農業をして、地球と人に優しく暮らしていきたいです。

執筆・メディア掲載

● 取材・執筆などお仕事のご依頼もお気軽にメッセージください。
全てのお問い合わせはこちらからどうぞ。

★アメブロ公式トップブロガーとしても更新中!
祈りの国ミャンマーで暮らす
(月間50万PV程度)
・The Huffington Post Japan 
http://www.huffingtonpost.jp/abroaders/myanmar-japan_b_13081628.html
・NewsPicks https://newspicks.com/news/1949516?block=side-news-similar
・Yahoo!ニュース 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161124-00010001-alterna-soci.view-003

・TV NHK World, NHKラジオ,育児雑誌kodomoe,月刊誌OLマニュアル,内閣府アジア太平洋輝く女性の交流事業情報誌 など

 

お読みいただき、ありがとうございました!
読者登録していただけると嬉しいです! 

 

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村